女性用育毛剤について

薄毛や抜け毛に悩む女性が増えている中、女性用の育毛剤も増えてきました。

それでここでは女性用育毛剤の種類をご紹介したいと思います。

育毛剤には医薬品、医薬部外品、そして化粧品があります。

まず医薬品ですが、これは厚生労働大臣が認可したもので、薄毛の治療や予防の目的で使うことができます。

効果も強い分、副作用もある場合があります。

病院で支給される育毛剤もあれば、薬局などで購入できる一般医薬品があります。

いずれの場合にしろ、よく説明書を見てメリットデメリットを見極めながら、使用するようにしましょう。

次に、医薬部外品がありますが、これは医薬品ではありませんが、それなりの効果のあるものです。

効果は比較的穏やかに出ることでしょう。

それで副作用もあまり強くありません。

ですから長期間に使用することができます。

最後に化粧品ですが、これは医薬品でもなく医薬部外品でもない商品です。

化粧品の目的は、育毛というよりも育毛しやすい環境に整える、頭皮環境を清潔にするなどがあります。

それで症状に応じてどの種類にするか選ぶようにしましょう。

もし抜け毛が急に増え始めた場合は、ホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になっているのかもしれません。

それで抗男性ホルモンの作用があるもの、例えばチョウジ、黄金リキッド、また女性ホルモン調整作用がある成分、不ラボステロン、カッコン、ビワ葉エキスなどが入っているものを選びましょう。

もし頭皮が乾燥してきて、細かいフケが出る場合は、保湿効果の高い成分が入っているものを選びましょう。

◇関連サイト・・>女性の薄毛特集